バリア機能低下の原因

本来保たれるはずの機能は、何が原因で低下してしまうのでしょうか。バリア機能の低下には、ストレスが関係しています。仕事や家事、勉強など私たちを取り巻く生活環境はストレスが多いと言えます。ストレスが全くないということも体には良くありませんが、過剰なストレスは、体の至る所に悪影響を及ぼします。ストレスを強く感じたときは、リラックスできる時間を意識して持つように心がけましょう。

紫外線や肌の乾燥などの外的要因もバリア機能を低下させる原因になります。紫外線対策は夏の気温が高いときだけではなく、室内や曇りの日でも必要です。また、室内にいる場合、エアコンやクーラーなどの風による肌の乾燥もバリア機能の低下につながるので注意が必要です。

バリア機能を低下させる大きな落とし穴として、洗顔方法が挙げられます。ホコリや余分な皮脂、汚れを肌に付着させたままでいると、毛穴が詰まりニキビの原因になります。しかし、洗顔のしすぎや間違った洗顔方法によっても、肌が乾燥してバリア機能を低下させることがあります。バリア機能を保つために行った紫外線対策の日焼け止めを落とそうと、ゴシゴシと洗顔している方もいるでしょう。正しい洗顔方法は、ニキビ予防に非常に重要です。