バリア機能回復方法

ニキビのできにくいバリア機能のしっかりとした肌を作るにはどのようにすれば良いのでしょうか。失われたバリア機能を取り戻すことが必要です。機能の回復には、内側からのアプローチがおすすめです。肉や魚卵などから、良質なタンパク質を摂取し、ビタミンAやビタミンC、亜鉛などをバランスよく取り入れるようにしましょう。

他にも、バリア機能を回復させるためには、肌の水分量を増やす必要があります。水分を肌の内側へ保持できるようにするセラミドを多く含む食品を摂取することもおすすめです。セラミドは米や牛乳、こんにゃく芋に多く含まれます。しかし、食品のみで摂取するには難しいのでサプリメントなどで上手に取り入れてみても良いでしょう。

反対にセラミドの吸収を妨げる食品を避けるという方法もあります。リノール酸を多く含む油での揚げ物やマーガリン、ドレッシング、ラーメン、インスタント食品などの過剰な摂取は好ましくありません。

肌は全て、自分が摂取した食べ物で作られています。その基本的な部分を忘れないように食生活を考えると、肌のバリア機能をアップさせるような食事へと自然と変化していくことでしょう。ニキビと肌のバリア機能は大きな関わりがあります。栄養バランスを考えた食事をすることでニキビのできにくい肌を目指しましょう。