正しい洗顔方法とは

ニキビ予防のためにも、肌のバリア機能を失わないような正しい洗顔方法を身につけましょう。

キレイな泡がたくさんできるように、手を洗います。洗顔料をしっかりと泡立てることが大切です。泡立ちが悪いと肌を手でこすってしまい、肌に余計な力が加わります。肌を傷つけることに繋がるので注意しましょう。市販の洗顔ネットは、簡単にふわふわの泡を大量に作ることができるのでおすすめです。

卵1個分くらいの大きさのふわふわ泡ができたら、Tゾーンなど皮脂の多い部分から優先的に洗います。手や指はなるべく肌に当たらないように注意して、泡で肌を包むようなイメージで洗うのがポイントです。

肌の薄い部分(目元や口元など)は、こすらないように気をつけましょう。こすらないでキレイになるの?と思う人もいるかもしれませんが、肌の薄い部分は、泡を乗せるだけで十分です。

最後に洗い残しのないようにしっかりとすすぎます。決してこすらず、バシャバシャと肌に水をかけるように洗います。熱いお湯は肌にダメージを与えるだけでなく、洗顔後必要な水分まで奪われて乾燥するので使用しません。すすぎは必ずぬるま湯で行いましょう。

清潔なタオルで軽く押さえるように水分を拭き取り、必ずすぐに保湿をしましょう。洗顔後に保湿を行わないと、必要な水分まで蒸発してしまいます。なるべく3分以内に保湿してください。また、化粧水などの保湿を行う前に、肌の吸水性を高めるスキンケア用品などを使用すると更に保湿効果が高まりますので本気でニキビを予防したい方にはオススメです。

推奨HP-ニキビ肌予防〔みんなの肌潤糖~クリアタイプ~〕